神々に会いに行こう*雨に濡れて、風に吹かれて‥糸島編

最近そういえば

旅行の時の雨率が高い気が…。

私は自他共に認める

晴れ女

だったはずなのに。

✳︎

友人が、福引で、神社参拝ツアーの旅行を引き当てました。

その名も「神々に会いに行く櫻井神社、伊勢神宮、那智大社を巡る旅」

行きたいところばかりの、魅力的な内容で、便乗させてもらい二泊三日の旅に出ました。

前日の夜は、警報が出るほどの雨が降り始め

しかも雷もゴロゴロ…

そして、朝になっても

雨、雨、時々雷、そして大雨…

それでも、気にせず

いざ出発!

✳︎

まずは糸島へ

櫻井神社 櫻井大神宮に行きました。

2013年 式年遷宮後に、櫻井大神宮に移された伊勢神宮外宮板垣北御門の鳥居

雨を浴び、なんだか生き生きとしているみたい。

咲き誇る梅の花

雨に濡れて艶っぽい香りを放っています。

御神木からにょきにょき伸びる新しい芽に

恵の雨が降り注ぎます。

時々突風が吹き

傘が役に立たない…

傘を閉じ

雨に濡れて

風に吹かれて

手を合わせました。

櫻井神社 裏宮のご神体の夫婦岩

強い風に吹かれても

荒々しい波に打たれても

堂々とした風格で、微動だにしない安定感はさすが!

✳︎

雨に濡れながら

風に吹かれながら

自称「晴れ女」もそろそろ「雨女」に改名した方が良いかも…

そんな考えが頭をよぎります。

✳︎

実は、「雨女」も「晴れ女」も

科学的にはなんの根拠もないのだとか。

✳︎

年間3分の1は、雨が降るそうで

たまたま雨降りの日が

特別な日だったり、雨が降ってマイナスのイメージが色濃く記憶に刻まれると

人は

「いつも雨ばかり降る」

「自称(思い込み)雨女」

と自ら命名するんだとか。

✳︎

また、スピリチュアル的な考え方では、雨女は自然霊である龍神様から守られているそうです。

✳︎

そして、龍神様の守りのある人は

“気乗りのしない事に対しては、大雑把で適当になる”

らしい!

✳︎

どんな事にも誠実に、丁寧に、真摯な態度で臨む事ができるようになったら

きっと私は

正真正銘の

どこに出ても恥ずかしくない

「晴れ女」

になっているに違いない!かもしれません。

✳︎

慈愛の雨をいただき

風の流れにのる

そんな参拝ができました

<お知らせ>

ホームページ開設に伴い、ブログを引っ越しました。

新しいページはこちらです。

五気調整術