高いところは好きですが

宇佐市院内町にある龍岩寺奥院礼堂は、日本三大投入堂の一つです。

苔の生えた石段を登って

まだまだ登って

岩のトンネルをくぐって、また登って

奥の院が見えてきた

切り立った岩の横に設置された木の橋を恐る恐る歩くと

奥院礼堂に到着

九州最古級の木造建造物で、国の重要文化財にも指定されているそうです。

奥院礼堂には三尊仏がありました。

手すりの向こうは断がい絶壁です…。

こんなにも険しい断がいに、どうやって礼堂を建てたのか

というよりも

この場所に最初に礼堂を建てたいと思った人は、何を思って決意したのか。。。

✳︎

高いところは好きですが

ミシミシ音が鳴る木の上を歩くのは

さすがにスリルがありました。

<お知らせ>

ホームページ開設に伴い、ブログを引っ越しました。

新しいページはこちらです。

五気調整術